>

資金調達法とメリットを確認して事業経営に活かしましょう!

企業経営者の資金調達法の種類とは?

店舗型の銀行の強み

メガバンクや地方銀行、信用金庫など店舗型で運営している場合は窓口にスタッフがいるのも安心感を得られるポイントです。特に資金調達が初めての人や苦手意識がある人なら、丁寧にサポートを受けられるのも心強さを得られるはずです。また、担当スタッフと信頼関係を築けた場合なら、事業経営に関する相談ができるかもしれません。

メガバンクの場合は資金力が無いと取引は難しいですが、地方銀行の場合は地域に根差したサービスを提供しているので、ある程度の実績があれば資金調達ができる可能性が増します。

因みに信用金庫の場合、中小企業で働く社員をサポートする商品を取り扱っています。資金調達以外の方法を賢く利用すれば、従業員の福利厚生を充実が見込めます。

資金調達に不安がある人へ

銀行が事業経営者に資金調達を提供する場合。安定性と収益性を重視します。貸し倒れのリスクを抱えたくないので、審査も丁寧に行います。そこで、資金調達の経験が浅い人に知っておくと良い情報があるので、確認しましょう。

手元に動かせるお金の有無を確認したうえで、事業に掛かる経費や運転資金、広告費用の見込み額など具体的に数字として出しましょう。また、毎月の売り上げに掛かる見込み額も押さえておくのも欠かせません。

資金を多めに借りるのも1つの方法ですが、事業経営にはアクシデントや見えない出費が掛かるケースが起こりかねません。ある程度の余裕資金を確保したうえで、融資を受けるようにしましょう。一方、必要最小限の金額だと追加で資金調達が必要となり手間と時間が掛かるので、多くのメリットは得られません。


この記事をシェアする