資金調達法とメリットを確認して事業経営に活かしましょう!

資金調達の方法とメリット

企業経営者の資金調達法の種類とは?

資金調達をする場合、店舗型金融機関を利用するのも良いでしょう。細かな審査が必要なうえ融資を受けるには日数を要しますが、取引先をはじめ対外的には信用を測れるポイントとなります。また、担当者との関係が良好であれば、融資や事業経営の相談にも応じてもらえる可能性が出ます。

ネット銀行を賢く活用するためのコツ

利子が低いのを1つの売りにしているのがネット銀行。他には即日融資が受けられる可能性があるのも、資金調達の選択肢を増すポイントとなります。しかし、1人で取引をする必要があるため、ある程度の知識を押さえる作業は欠かせません。賢い利用法を見つけて、事業経営に活かしましょう。

知人や親族に頼るのが返済や心理面の負担が少なくて済むの?

各種銀行を利用するとなれば審査が必要なうえ手数料も必要とします。知人や親族に頼る場合は、利子は掛からないと考えるかもしれません。たとえ知人や親族から資金調達をする場合でも、法律では利子が発生します。他にも、借りる前の打ち合わせをしないとトラブルの原因となりかねません。

店舗型の銀行を利用する場合のポイント

事業拡大や設備投資、時には運転資金確保の目的で資金調達の必要な時があります。いくつかの種類があるので、上手に行うと事業経営にプラスに作用するでしょう。

銀行や信用金庫のような店舗型の金融機関で融資を受けるには、これまでの経営状況や資本金の有無などの審査があります。各種クリアできれば融資をしてもらえるうえ、高い信用が得られると数千万単位の資金調達が可能です。ただし、融資の実行には日数を要するため急ぎの依頼には向かないかもしれません。

近年では大手銀行であってもネット銀行によるサービスがあります。実店舗を持つよりも人件費や設備に掛かる費用が抑えめなので、金利面での還元が受けられます。24時間営業の所もあり、夜間に資金調達が必要な時にも頼れる存在になるでしょう。店舗によっては審査に時間も掛かりません。他にはWEBの通帳で確認できる場合が多く、お金の出入りの管理をする手間も省けます。一方、IDやパスワードのハッキングを受ける可能性があるため、セキュリティー対策は必要です。

他にも、知人や親族から資金調達を図るのも1つの方法です。相手に預貯金があり信用もあれば、まとまった金額でも応じてくれる可能性が出ます。金融機関のような審査が不要なのも、人によっては心理面の負担が少なくて済みます。なお、返済が遅れてしまえば不信感を抱かせてしまうので注意しましょう。他には、借りる前に十分な打ち合わせができていないと、弱みに漬け込んだ接し方をされかねません。1つの対策で、資金調達する人を選ぶ作業は欠かせません。